レーザー脱毛と光脱毛は何が違うの?

女性は美容のために日々努力していると思います。中でも毛の処理も頭を悩ます問題ですよね。

無駄毛を処理しようと思うのだけど。自分で処理するのは自信がない。サロンやクリニックに行こうと思うのだけどどこがどう違うのかよく分からない人もいるでしょう。

簡単にいうとサロンの主流は光脱毛でクリニックはレーザー脱毛です。
でも、レーザー脱毛と光脱毛でどう違うのか分からない人もいると思います。
そこで、ここでは光脱毛とレーザー脱毛の違いについて見ていきましょう。

・光脱毛とレーザー脱毛

光脱毛とレーザー脱毛で著しく異なるのは照射される波長が違う事です。
レーザーの場合単一の波長で集中的に熱を集めて行うのに対して光は複数の波長を含んだ光で広範囲にわたって照射します。

レーザーの場合照射の力が強く、専門医でないと扱えません。
光は出力を一定にするので誰でも扱えるようにできています。
そのため、レーザー脱毛はクリニックで、光脱毛はサロンで行われるのです。

光脱毛はIPLなどの器機を使う事で光を照射し、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促します。ちなみにIPLとはインテンスパルスライトの略のこと。

光脱毛はレーザー脱毛と比べると出力が弱いので肌に優しく痛みも少なめです。毛が生えてくる成長期に行いますから、2か月から3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。
これをおよそ1年から2年ほど行うと完了となります。

レーザー脱毛は医療用のレーザーのを使った脱毛方法です。
光脱毛は幅広い波長の光を使いますが、レーザー脱毛は単一の波長のレーザーを使います。
光脱毛に比べて出力は高めですから痛みを感じる事があります。

ただ、クリニックでは麻酔クリームを用意していて、これを塗る事で痛みを和らげる事ができます。
レーザー脱毛は医療従事者でないと扱う事はできません。
そのため、脱毛サロンなどではレーザー脱毛は受けられません。

レーザー脱毛は毛周期に合わせて数回行います。5回から6回ぐらいで終わる事が多いです。
毛が気になり肌を見せるのをためらっている人は光脱毛やレーザー脱毛で無駄毛をスッキリしましょう。