ミュゼプラチナムのフラッシュ式脱毛体験

女性たちに話題となっております「ミュゼプラチナム」を利用してみた話です。
そもそもわたしの場合は、10代の頃から「エステティック」に興味を持っていました。

当時は、どのメニューも割高ということから、電話のクーポン券を持ってカウンセリングを体験してみたこともあります。この時代は、50,000円分の券で「美容脱毛」が受けられるのは足の狭い幅だけということで断念しています。

わたしが本格にサロンを利用しはじめたのは30代になってからのことなので、既に長い年月が過ぎていました。カウンセリングの流れも度忘れしていたほどです。

「ミュゼプラチナム」に決めたのは、やはり料金が安かったことがきっかけになっています。

実際にワキ脱毛に掛かるのは100円以外にありません。たった100円なら、自動販売でお茶やジュースを買うよりも安いですから迷うこともなかったです。

サロンで施術を受けるときも強引な勧誘がなく、次回の予約をして終了という流れなのでストレスも溜まりません。スタッフさんのノルマから、しつこい「勧誘」があった過去と比較してみますと、なんて良心なサービスなのかと思います。

「ミュゼプラチナム」の場合は、コスト面を控えているのか、施術のルームにロッカーなどがまとめてある感じですけど、清潔感がありますし、スペースも狭からず広からずで丁度良いです。

フラッシュ式のマシンを当てたときは、ホームページに輪ゴムで弾かれたような感じと記載してありますけど、そんな強い刺激もありません。

実際は、マシンの刺激よりも、施術のはじめに肌に塗るジェルのヒンヤリ感が強いです。このジェルは、光という熱のエネルギーから肌を守るための大事なステップという説明だったので、わたしは多めに塗ってもらうようにしています。

また「ミュゼプラチナム」では、マシンを当てるときに目の眩しさを遮るためにゴーグルを掛けた状態で施術を行っておりますので、興味がある方はご利用ください。